認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

平和通り   映画 ≪桜並木の満開の下で≫ 

 2010年4月13日公開の映画『桜並木の満開の下で』は、震災後の日立市を舞台に、突然の事故で最愛の夫を失いながらも、 その悲しみを乗り越えようとするヒロインの葛藤を美しい桜並木を背景に描いたラブストーリーです。 この映画のロケはすべて日立市内で行われ、多くの日立市民もエキストラや炊き出しスタッフとして参加しました。 数あるロケ地の中で特に印象的に映っているのが、クライマックスシーンが撮影された平和通り。 ライトアップされた桜のトンネルが、圧倒的な感動をもたらします。

平和通りでのシーン
平和通りでのシーン

 平和通り付近には飲食店や菓子店が多く、ランチやディナー、お土産のお買いものには困らないエリアです。平成24年9月にオープンした ぷらっとひたち(日立駅情報交流プラザ)でも、地域ブランド認定品をはじめとする市内の特産品を購入することができます。 ぷらっとひたち(日立駅情報交流プラザ)では、各種観光パンフレットはもちろん、日立駅周辺の飲食店などが載っているランチマップや ぶらりマップをもらうことができるので、最初に訪れておくと便利です。
 

平和通りのさくら
平和通りのさくら
ぷらっとひたち
ぷらっとひたち

 他にも、主人公が川沿いの桜の開花を待ち望むシーンを撮った十王川沿いや、主人公の2人が海岸を歩くシーンを撮った 伊師浜海岸などは、ぜひ訪れてみたいポイント。
 十王川は地元で清流として名高く、上流にはベストセレクションひたちに認定されている「富久心」の蔵元、「椎名酒造店」があります。 富久心の美味しさは、十王川の清らかな水があってこそなのです。少し下ったところにある十王ダムは、毎時0分に噴き上がる噴水十王パノラマ公園では、 中流付近では、のどかな田園風景と、このあたりのシンボル、法鷲院の五重の塔を見ることができます。この塔の近くには作曲家吉田正のお墓があります。 下流の豊浦工場横の土手にはソメイヨシノの並木があり、平和通りのような迫力はありませんが、桜と川の流れの織りなす風景の 美しさはまた格別です。映画のシーンが撮影されたのもこのあたりで、秋には鮭の遡上を観察することもできます。
 十王川沿いには、四季折々の自然を満喫することができるスポットがたくさんありますね。

十王川沿いでのシーン
十王川沿いでのシーン

 主人公二人が思いを打ち明け合う重要なシーンに使われた伊師浜海岸は、「日本の快水浴場百選」に選ばれており、夏は人気の海水浴場となります。海岸沿いには利用率ナンバーワンの 国民宿舎鵜の岬を有し、高台となっている鵜の岬周辺からは「日本の白砂青松百選」のお墨付きの素晴らしい景色を 楽しむことができます。
 このあたりは、国民宿舎鵜の岬の他にも、大きな蓮池やアジサイが美しい伊師浜国民休養地や全国で唯一のウミウの捕獲場、 日帰り温泉の鵜来来の湯十王、美味しい特産品がいっぱいの十王物産センター鵜喜鵜喜など、ぜひ訪れて頂きたい日立自慢の 観光地が隣接しています。ぜひ回ってみてください。

伊師浜海岸でのシーン
伊師浜海岸でのシーン

題名:『桜並木の満開の下に』
監督:舩橋 淳
主演:臼田あさ美、三浦貴大、髙橋 洋、ほか
公開:2013年4月13日、テアトル新宿、ほか
配給:東京テアトル/オフィス北野 配給協力:バンダイビジュアル
著作権表記:©2012『桜並木の満開の下に』製作委員会

リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.