認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

隠れた地魚

 日立の漁港では、多くの種類の魚が出荷されますが、知名度が低かったり、 鮮度が落ちやすく流通が難しいなどの理由で、利用されないできた魚もたくさんあります。 「ニギス」は、めひかりに似た白身の魚ですが、鮮度が命で地元でしか味わうことができません。 日立では「さくらギス」と命名し、地元料理店などで、一夜干しや唐揚げ、天ぷらなどを提供しています。


生のさくらギス

さくらギスの一夜干し

さくらギスの唐揚げ

 「げんげ」の純白の身は、繊細で扱いづらく、高級かまぼこに使われる以外、あまり使われてきませんでした。 しかし、甘味とコクのあるこの魚を調理しようと、地元料理店で研究し、様々なメニューを開発しました。 そのなかでも、ベイカナーズが販売している「久慈浜フィッシュバーガー」は、 サクサクに揚げたくせのない味のゲンゲを特製のフォカッチャで挟み、人気となっています。


げんげ

久慈浜フィッシュバーガー

 このほか、イラコアナゴ(スーパーなどでアナゴ蒲焼として売っているのはイラコアナゴが多い)や、 アカドンコなど、見た目はグロテスクでも味は抜群!というものがたくさんあります。


イラコアナゴ

アカドンコ

リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.