認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

茂宮はくさい

 茂宮はくさいは、ベストセレクションひたちに認定された、日立特産の農産品です。
 久慈川と茂宮川との間の栄養豊富な沖積土壌に育まれたおいしい白菜です。 ほとんどがエコファーマーの認定を受けた農家で構成される茂宮特産物研究会の会員が、 茂宮かぼちゃを栽培した同じ畑で有機質肥料や減農薬を取り入れて育てています。
 特徴は、肉厚でみずみずしく甘味があり、シャキシャキと食感がよいこと、芯の部分の筋が細くやわらかいことです。 漬物やお浸し、鍋物など、生でも火を通しても、おいしく食べられます。11月から12月が食べごろです。
 この茂宮はくさいを使ったおいしい料理を研究し、「もみや鍋」として売り出しているお店もあります。 茂宮はくさいの旨味を生かすシンプルな鍋で、新聞等にも数多く取り上げられています。

茂宮はくさい1
収穫したての茂宮はくさい
茂宮はくさい2
はくさいがおいしい「もみや鍋」

リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.