認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

新着情報

2012年12月26日 初詣・初日の出は日立市で♪
 今年もあっという間に残り1週間を切りました。年末年始のご予定はもうお決まりでしょうか。家でのんびりしたり、実家に帰ったり、親戚の家に行ったり、旅行に行ったり…と人それぞれだとは思いますが、素敵な時間をお過ごしくださいね。
 さて、今日は、年末年始を日立で過ごす方に市内の初詣・初日の出スポットをご紹介します☆


~初詣スポット~
 日立市内には大小合わせて約60ヶ所もの神社がありますが、なかでも初詣に人気の神社をご紹介します。

①御岩神社(日立市入四間町752)
 古代より信仰の聖地とされてきた歴史ある神社。常陸風土記に「かびれの宮」として記され、中世には神仏習合の霊場となり、江戸時代には水戸藩主が代々参拝する祈願所になりました。現在では「入四間」(イリシケン)と「入試験」をかけて合格祈願にも多くの人が訪れます。県指定天然記念物・森の巨人たち100選のご神木、「三本杉」も必見です。

②神峰神社(日立市宮田町5-1-1)
 本殿は神峰山山頂にありますが、国道6号線沿いの逢拝所でもお参りをすることができます。かみね公園や郷土博物館に近く、御参りの後にレジャーを楽しむこともできます。(年末年始の営業時間は各施設にお問い合わせください)
 7年に一度、5月の連休に行われる大祭礼では、全国から多くの観光客が訪れます。

③鹿嶋神社(日立市鹿島町2-4-4)
 日本最強の武神といわれるタケミカヅチ命を祀る鹿島神宮から分祀されました。タケミカヅチ命の霊力は幅広く協力で、鹿嶋神社のご利益は武道守護、芸能上達、国家鎮護、繁殖興業、豊漁、航海平安、安産守護、病気治癒、厄除開運、延命長寿、縁結び、交通安全など。

④泉神社(日立市水木町2-22-1)
 延喜式内社の由緒深い神社。神社脇には平成の名水百選に選定されている水が湧き出る泉があり、参拝客の憩いの場になっています。美しく澄んだ泉を眺めていると、心が洗われるような清々しい気持ちになってきます。

⑤大甕神社(日立市大みか町6-16-1)
 鹿島神宮と香取神宮の武神たちをもってしても抑えることのできなかった悪神「甕星香々背男命」をタケハヅチノ命が倒し、この地に鎮座して産業開発の道を計られたとしています。甕星香々背男命が封印されているという「宿魂石」からは、強いパワーを感じられるかも。

 
~初日の出スポット~
 日立市には、その昔、水戸黄門として知られる徳川光圀が、「日の立ち昇るところ領内一」と感激したため「日立」という名がついたという逸話が残っており、日の出の美しさでは、全国の名所にも引けはとりません。海岸線が南北に長いため、市内の海岸どこからでも日の出が見えますが、なかでも人気のスポットが多数あり、元日の朝には初日の出を見るために多くの人が見に来ます。
 詳しくは当ホームページ【Our Town】→【まちの自慢】→【日の出スポット】をご覧ください。

リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.