認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

あんこう


あんこう

商品紹介


あんこうといえば茨城県の冬の味覚として有名ですが、そのなかでも久慈漁港の水揚げ量は茨城県の約3割を占めています。漁獲量では 下関が日本一ですが、茨城沖のアンコウは、食べている餌が良いため味が良く、「ジョウバンモノ」として高く評価されています。

 日立では「口福あんこうを広める会」をつくり、あんこう鍋をはじめとしたおいしい日立のアンコウを広める活動をしています。

 東のアンコウ西のフグと言われる高級食材で、柳肉(身肉、頬肉)の他に、皮、水袋(胃)、キモ(肝臓)、ヌノ(卵巣)、えら、トモ(ヒレ)をアンコウの七つ道具と言い、余すところなく味わえますが、それぞれのおいしさをを生かしたあんこう料理を作るのは本職の料理人にも難しいと言われます。日立では、アンコウ鍋はもちろん、あん肝、アンコウの供酢、唐揚げ、ステーキなど多彩な味を楽しめる店がたくさんあります。あんこうまんや漁師風のアンコウ汁も、イベントなどで人気を呼んでいます。

 世界一の食いしん坊、味覚人飛行物体を自称する、東京農業大学の小泉武夫教授は、自ら「口福あんこうを広める会」の名付け親となり、応援団長として、日立のアンコウを絶賛しています。


お問い合わせ


日立市水産振興協議会

〒319-1222 日立市久慈町1‐1‐2 

事務局:久慈町漁業協同組合
TEL:0294-52-3360



どこで買えるの?


道の駅日立おさかなセンター 日立市みなと町5779-24 (地図)

市内鮮魚小売店、大型食品店

県内鮮魚小売店、大型食品店


リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.