認定品 →

自然のめぐみ

食のきわみ

技のたくみ

さくらダコ


さくらダコ

商品紹介


 日立の海では、ミズダコ、ヤナギダコを中心としたタコ類が年間を通してたくさん獲れます。多年に渡り、県内第1位の水揚げ量を誇っています。
 平成15年、日立市は、市民に親しみのある「さくら」を冠して、日立沖で漁獲されるミズダコ、ヤナギダコの総称として「さくらダコ」と名付け、「市のさかな」に制定しました。 大きくて元気なさくらダコのイメージをデザイン化しした「さくらダコシンボルマーク」やさくらダコキャラクター「たこピン」もPRに一役買っています。
 ミズダコは、全長3m(重量20kg)を超える大きさにもなる世界最大級の大型のタコ。他のタコに比べて赤茶色をしており茨城沖を南限とする冷たい海に生息し、北海道では北海ダコとして有名です。日立の主な水揚げは全長約40~160cm、重さ5~10kg前後のものです。
 ヤナギダコは、色は白っぽく、茨城沖から以北に生息します。日立の主な水揚げは全長約30~110cm、重さ3kg前後です。ミズダコよりも小型のものが多く、値段も手ごろで、柔らかく食べやすいのが人気です。
 久慈町漁業協同組合では、先進技術の冷凍庫CASを導入して、加熱せずに冷凍した生のタコの出荷も可能となりました。CASは、細胞を壊さずに冷凍することができ、解凍してもドリップが出ず、冷凍前と同じおいしさを保つことができます。タコは大変鮮度が落ちやすく、これまでは生で流通させることはできませんでしたが、CASの活用によって、おいしい生のタコを、地元以外にも出荷できるようになったのです。
 透明で弾力のある食感の生タコの刺身は、蒸したり茹でたタコとは全く違う味わい。しゃぶしゃぶにするのもおススメです。

お問い合わせ


日立市水産振興協議会

〒319-1222 日立市久慈町1‐1‐2 

事務局:久慈町漁業協同組合
TEL:0294-52-3360



どこで買えるの?


道の駅日立おさかなセンター 日立市みなと町5779-24 (地図)

市内鮮魚小売店、大型食品店

県内鮮魚小売店、大型食品店


リンク

日立市地域ブランド推進協議会 | 日立商工会議所 〒317-0073 日立市幸町1-21-2
COPYRIGHT (C)2010-2011 日立商工会議所 All Rights Reserved.